日本人オーナーが運営するフィリピンのシキホール島コテージ「VILLA MARMARINE」で、観光化されない自然を貸切リゾート Japanese Site / English Site
ヴィラ・マーマリン ヴィラ・マーマリン
EnglishSite
コンテンツ
トップへ戻る
日本人オーナーのご挨拶
コテージの由来
シキホール島とは?
お客さまの声
リゾ-トの紹介
コテージの紹介
ホテル設備
ダイビング・レジャー
ギャラリー
予約・空き室状況
宿泊料金
シキホール島への行き方
お問合わせ
ホテル基本情報
個人情報の取扱い
問い合わせフォーム
ボランティア募集
サイトマップ
リンク一覧

コテージ外観
ダイビング・レジャー [ Activities ]
地図
ボート

■VILLA MARMARINEのダイビング

ダイビング
マイケル
VILLA MARMARINE は今まで島の他のダイビングショップと提携してやってきていましたが、お客様からの強い要望でとうとうVILLA MARMARINE ビラマーマリン直営の「Villa Marmarine Diving Center」をオープンしました。
新しい20人乗りのボート(ママリン号)も購入しました。新しい器材を整え、日本的なきめ細かなサービスでお客様に心からシキホール島の海をエンジョイしていただけるダイビングセンターにしていこうとダイビングマネージャー(元ワーキングスチューデント)のマイケル君ががんばっています。
4月から11月は海の静かな島の北側にあるVILLA MARMARINE前の海で、12月から3月は島の南側にあるSANJUAN前の海で初心者のダイビングをヘルプします。中級者、上級者にはシキホール島の素晴らしいポイントへ案内します。
さらに、シキホール島はダイバーの憧れの島、アポ島、バリカサグ島、スミロン島 それに最近人気のジンベイザメのオスロブ(セブ島) まで1時間ほどで行ける最高のロケーションにあります。

■シキホール島

シキホール島にはまだ荒らされていない美しい海が残っています。ソフトコーラル、ハードコーラルがたくさんあるのでいろんな種類の魚、生物がたくさん見られます。保護地区も数箇所、見事な枝サンゴ、巨大なサンゴの庭、有数なポイントがいっぱいあります。パリトンウォールは水深7メートルで始まり、一部は50メートルまで落ち込んでいる青いがけのポイント、かわいいウミウシ、カサゴ、ロブスター、バラクーダの群れ。サンケンアイランドは海山が沈んだ島、ソフトサンゴと美しい大きなシーファンで覆われています。アネモネエビ、カッポレ、イソマグロ、アオウミカメ、クエ、トビエイなど。シキホール島の海は初心者から上級者まで楽しめます。

■バリカサグ島

今、うちでは1番人気のポイントです。朝早く出ると途中でイルカの群れにも出会える可能性が高いです。
バリカサグ島には全長400mにわたる豊かなサンゴの海洋保護区があります。垂直の崖が切り立ち、潮の流れは強く、外洋の魚もたくさんやってきます。ウミガメの宝庫ですし、ギンガメアジのトルネード、バラクーダの群れにも会えます。きちんと保護が進んできているのですごい数の魚、豊富な種類 そして美しいサンゴ、スノーケルでも十分に楽しめます。口にパンをくわえるとキスをしてくるほどです。
 12月〜1月にかけては、シュモクザメ(ハンマーヘッド)や時にはジンベイザメを見ることもできます。透明度抜群です。

■アポ島

以前は1番人気でした。隣のネグロス島のシリマン大学が監修していたので保護地区がしっかり守られていてすごい数の魚の群れでした。岸から1歩入ったらものすごい数の魚、魚、魚でした。特にギンガメアジのトルネード、クマノミ城と言われるほど何千のクマノミ。巨大なテーブルサンゴ、キャベツサンゴ、枝サンゴなどサンゴも豊富です。ところが数年前の台風で土砂崩れがあり、海が荒らされたようです。以前ほどは魚がいなくなったといわれていますが・・流れが速いので上級向けのポイントです。透明度も抜群です。

■スミロン島とオスロブ(セブ島)

スミロン島は小さな島で島全体がビーチリゾートになっています。ここの保護地区はまだ新しいですし、そう大きな保護地区ではありませんが、カラフルな魚がいっぱいいます。ツバメウオやクマノミにも会えます。
スミロン島の対岸にあるオスロブ(セブ島の先端)は最近、ジンベイザメの餌付けに成功して、すごい人気になっています。ボートのすぐ側をジンベイザメが泳いでいます。漁師が投げるオキアミを大きな口で受けます。いつでも世界最大の魚をすぐ側で見られるというのですごい人気で料金もどんどんあがってきています。

ダイビング イメージ画像1

「Villa Marmarine ダイブセンター第1号免許取得者」
■岡崎 愛充さん 日本

先日は大変お世話になりました。私がVILLA MARMARINEが経営するダイビングショップ(私が行った時はまだ“仮”状態でしたが)初のライセンス取得者だということを、大変嬉しく思います。

当初私は、別のダイビングショップでオープン・ウォーター・ダイバーのライセンス取得を目指していました。ところが、私の船酔いがあまりに酷く、インストラクターに「ライセンスを取るのは無理だ」と言われて、泣く泣く諦めることに…。何をしにフィリピンまで来たのだろうと、言葉では言い表せないほど虚しい気分でした。そんな時にダーマンが救いの手を差し伸べてくださったのです。

ダーマンは、半ば投げやりだった私に、VILLA MARMARINEの前の海ならビーチ・エントリーができること、知り合いに頼めばインストラクターをここに呼べること、近々ダイビングショップを開くので機材が全て揃っていることを丁寧に説明してくれました。それでも私はどうせ無理だと諦めていたのですが、ダーマンが「大丈夫!」と背中を押してくれたので、勇気を出して再チャレンジすることに。

それからの毎日は本当に楽しかった!!心配していた船酔いも起こらず潜れましたし、クマノミやチンアナゴなどを観ることもできました。特に感動したのは巨大なエイ!水族館でしか見たことのない生き物が数メートルを泳いでいて、ダイビングの楽しさを初めて知ることができました。そして、インストラクターのソレンさん(デンマーク人)が根気強く教えてくださったおかげで(私は英語が不得意なので教えるのは本当に大変だったと思います…。)、なんとかライセンスを取得することができました。ライセンスを取得した夜は、ダーマンやマーマリンがお祝いに美味しいお魚を出してくれたのも、大変良い思い出です。

ダーマン、マーマリンをはじめ、インストラクターのソレンさんや、私のために心を砕いてくださった方々に、心から感謝しています。ありがとうございました。
また絶対シキホールに潜りにきます!

「66歳、バースデイ初ダイビング バンザイ」
■原田寿美子さん

今回2度目のシキホール島。旅行中に66歳の誕生日を迎えました。30代からダイビングに憧れていましたが、勇気がなくて1歩が踏み出せずにこの歳になってしまい、ダイビングは諦めスノーケリングを楽しんでいましたが、縁がありシキホール島のビラ マーマリンにお世話になり最後のチャンスが訪れ、スタッフと仲間の後押しで1歩を踏みだし飛び込むことができました。

初ダイブがダイバーの憧れの島バリカサグ島でしかも初ダイブでギンガメアジのトルネードに迎えられ、大きなカメ、サンゴ、美しい魚はいっぱい。私のイメージどおりの海の世界でした。心配していたダイビングの操作はスタッフに全ておまかせ、私は水中介護ダイビングで安心して海の世界に溶け込むことができ楽しめました。

もし私のように興味があるが自信がなくて1歩が踏み出せない方はここビラ マーマリン(Villa Marmarine)で素晴らしい体験をお勧めします。少しの勇気があればスタッフが笑顔で優しくケアしてくれ必ず夢をかなえることができます。
66歳、バースデイ初ダイビング バンザイ!!

■スノーケル、カヤック、磯遊び

コテージ・レストラン外観

ヴィラ ママリンの海は誰一人として泳いでる人がいない。完全なプライベートビーチ状態になっている。誰もいない自分だけの海でスノーケルやカヤックを楽しめ る。大きな魚はいないがクマノミやカクレクマノミ(ニモ)スズメダイ、チョウチョウウオ、ミノカサゴなどかわいい魚にいっぱい出会える。5月から11月は季節風の関係で湖のような海になるのでカヤック遊びには最高だ。
また、島にはいくつかの魚の保護地区がある。アポ島やバリカサグ島に行かなくても結構大きな魚や色とりどりの魚に出会える。サンゴのお花畑もある。枝サンゴ、テーブルサンゴ、キャベツサンゴなどがスノーケルでも楽しめる。
ヴィラ ママリンの前は潮がひくと100mも歩ける。ここにウニ、貝、カニ、タコ、白ナマコなどいて休みには家族連れで取ったウニでピクニックを楽しんでいる。
夜の海を歩くとウミボタル、夜光虫などが足元にいっぱい。石を除けると寝ている魚を捕まえることができるので家族連れには楽しめる。

■テニスコート

テニスコート

 VILLA MARMARINEの自慢の一つがシキホール島のリゾートで唯一テニスコートのあるリゾート。オーナーの趣味で始めたものだが、お客さんの間で大の人気になっている。お客さん同士がプレーを楽しんでいる。ドイツ、アメリカ、イタリア、イギリス、フランス、デンマーク、スウエーデン、ノルウエー、オランダ、オーストラリア、日本、フィリピン・・・いろんな国の人たちが入り混じって世界大会のようになっている。テニスコートがあると聞いてわざわざマイラケット持参、テニスシューズを持ってくるお客さんもいる。初めてラケットを握る人にはオーナーが親切に教えている。家族連れ、子どもたちに喜ばれている。

■マッサージ

マッサージ

フィリピンではどこでもオイルマッサージが有名だ。しかも日本に比べたらとても安い。出張してもくれるので自分の部屋でマッサージが受けられる。また、ヒラットマッサージもある。これは悪いところを治してもらうマッサージでよく効く。

 
 
ご予約・空き室検索はこちらから 
 
©2005 Toshito Harada
売上の10%はシキホール島の子ども達の教育のために使われます。