日本人オーナーが運営するフィリピンのシキホール島コテージ「VILLA MARMARINE」で、観光化されない自然を貸切リゾート Japanese Site / English Site
ヴィラ・マーマリン ヴィラ・マーマリン
EnglishSite
コンテンツ
トップへ戻る
日本人オーナーのご挨拶
コテージの由来
シキホール島とは?
お客さまの声
リゾ-トの紹介
コテージの紹介
ホテル設備
ダイビング・レジャー
ギャラリー
予約・空き室状況
宿泊料金
シキホール島への行き方
お問合わせ
ホテル基本情報
個人情報の取扱い
問い合わせフォーム
ボランティア募集
サイトマップ
リンク一覧
 
コテージ外観
ニュース ・オーナー原田がNHK BS1[地球アゴラ」7月20日(日)午後5時に出演します。
・2014年02月26日 お客様の声ページ更新しました。
・2014年01月27日 テレビ東京「世界ナゼそこに日本人」で紹介されました。

Siquijor the Mystic Island was Safe and Zero Damage from the Earthquake and Thypoon. So please come enjoy and relax!!
巨大台風30号・・シキホール島は無事

たくさんの皆様からのお見舞いありがとうございます。
レイテやセブの北を襲ったスーパー台風ハイエンはやや北に進行してくれたのでシキホール島は全く平穏でした。「神秘な島シキホール島」神々が守ってくれたのかもしれません。 ぜひ遊びにいらしてください。
なお、レイテ島などへの被災者への援助活動をシキホール島の赤十字を通じて行っています。ご支援いただけるとうれしいです。
シキホール島日本親善大使 原 田 淑 人 
詳細はこちらから

ダイビングセンター・・さらに充実!!

Villa Marmarineの海

Villa Marmarineの海

新しいコテージ完成

新しいコテージ完成

レストラン

レストラン

テニスの好きな人大歓迎

テニスの好きな人大歓迎

■ロンリープラネット「世界の地球の歩き方」・・一押しリゾート
2009年版、2012年版のロンリープラネットでVilla Marmarineが「シキホール島一押しリゾート」として紹介されました。みなさまのおかげです。

【記事の詳細】
シキホールの北海岸に新しくできたこの場所は、口コミのみで急激な成長を遂げている。陽気さに満ち溢れた日本人夫婦は、その性格を十分に経営に生かしており、型にはまった平凡で事務的な経営とは違う。さらに、オーナー夫婦のダーマンとマリエがコテージに自分達の子供の名前を付けている事も、この場所がアットホームな 雰囲気を感じさせる一因だと言えよう。更に注目すべきなのはこのホテルの調和の取れた見事な日本風なデザインである。中二階、日本のお風呂の様なバスタブ、木製の天井ファン、部屋に備え付けられた簡易キッチンはきちんと整えられ、我が家を思わせる。これらのコテージはグループ旅行者、長期滞在者には文句なしに相応し いだろう。当然ここにはダイブセンターも備え付けられている。その他の利点として、車椅子での利用が容易な事、そして無線ランが無料で使えること、シキホール港からトライシクルでp30、10分という港から最も近いリゾートでもある。

■宿泊費には無料サービスがいろいろ

WiFi、送迎、洗濯、スノーケル、カヤック、テニス、チケット手配(帰りの)など
レンタルバイク(1日p300 オートスクーター 日本の免許でOK)・・
*また、宿泊費の10%を学生たちの支援に積み立てています。泊まっていただくことで学生たちの支援につながります。

火の島「ホタルの島」シキホール島

【かってスペイン時代に隣のネグロス島からシキホール島を見たスペイン人は島が燃えているように見えていたので「イスラ・デル・フエゴ 火の島」と呼んだ。その頃はムラービという、ホタルが好む木がいっぱいあったそうだがムラービは建築資材として優れた木だったので伐採されて今はない。でもそのホタルの名残がどこかにあるはずだと探していたらビラマーマリンから20分のところで数箇所に道端から見える場所が見つかった。名づけて「ホタル街道」いろんなお客様をお連れしたが、写真がなかなか撮れない。多い時には1本の木に300も500もまるでクリスマスツリーのように輝くホタルを日本のみなさんにお見せしたいと願っていたら、トラベルジャーナリストの寺田さんが昆虫写真家の海野和男先生と一緒に来てくださった。この写真が海野先生の写真だ。(週刊文春1月27日号)不思議なのは周りにいっぱい木があるのにこの木にしか宿っていない。そこで島の人はこの木を精霊が宿るといって畏敬する。
日本では5月下旬や6月初めしかいないホタルがここでは1年中見られる。クリスマスやお正月でも見られる。いつも何百もいるわけではないが20匹か30匹のホタルが木の上を飛び交っていてみなさんは感動される。時々コテージにも入ってきて蚊帳の外をホタルが飛び交う。「神秘な島シキホール島」が「火の島 ホタルの島」としてもいつまでも残ってほしいと願っている。

昆虫写真家海野和男先生提供

昆虫写真家海野和男先生提供 週刊文春 1月27日号より

オーナー(ダーマン)の横顔「響けダーマンの呼び声 島中に」

2004年、36年間の小学校教師の経験を生かして「シキホール島の子どもたちにできる何かを探しに」と永住。Villa Marmarineを経営しながら子どもたちと遊ぶ中で学校にトイレや水道がないのを発見。また黒板とチョークだけの授業で理科の実験用具、ミシン、スポーツ、音楽用品など不足しているのを知り、子どもたちの教育環境を整えるために教え子たちとNGO「シキホールズエンジェル」を立ち上げた。日本のロータリークラブやライオンズクラブ、お客様、いろんな方のご支援があって今までに45の学校にトイレを100基、水タンクを5基、幼稚園を4つ、外ステージを3つ作って喜ばれている。
また、島の子に明るい未来を与えるために12人の奨学生をカレッジに送っている。

笑顔に応えるために

笑顔に応えるために

この子達に明るい未来を・・12人の奨学生

この子達に明るい未来を・・12人の奨学生
オーナーからご挨拶 コテージ宿泊料金 ダイビングサービス
オーナーからご挨拶 コテージ宿泊料金 ダイビングサービス
お客さまの声 [ ご利用いただいたお客さまの声を集めました。 ]
「何度もお礼を!」
■みゆき&ジャッキー(フランス)
私たちはビラマーマリンで2週間過ごしました。それは魔法の様な時でした。ウェルカムは素敵で、客の利便性を何よりも優先するダーマンの姿勢に感銘を受けました。笑顔で淑やかに給仕する若い学生グループにも魅了されました。
「私も夢をかなえたい!」
■野上千津子さん
ダーマンさん、ママリンさん、無事帰りつけました。一から十までお世話になり、何の心配もせず思いっきり旅行を満喫できました。体験ダイビング、学校訪問、蛍ツアー、島の観光、ボロボロ、パドロパドロ、毎日のテニス、ラブポーションも手に入ったし、やりたいことは全部やれました。
「美しい場所、そして美しい人々!」
■サム マケルロイ 英国
僕と彼女は2013年1月に2週間ビラマーマリンに滞在した。長く絶間ないロンドンからの旅路の果て、僕たちはセブからのボートでシキホール島に辿りついた。辺りはすでに暗く、長い船旅で御多分に洩れず疲れ果てていた。そんな時にビラマーマリンの助けが!
「66歳、バースデイ初ダイビング バンザイ」
■原田寿美子さん
今回2度目のシキホール島。旅行中に66歳の誕生日を迎えました。30代からダイビングに憧れていましたが勇気がなくて1歩が踏み出せずにこの歳になってしまい、ダイビングは諦めスノーケリングを楽しんでいましたが、縁がありシキホール島のビラ マーマリンにお世話になり最後のチャンスが訪れ、スタッフと仲間の後押しで1歩を踏みだし飛び込むことができました。
お客さまの声をもっと見る
プレスリリース [ 出版物などのご案内です。 ]
ダー先生はおちこぼれ?
ダー先生はおちこぼれ?
―ベイルート日本人学校最後の教師
■文芸社 300頁 1,300円
神奈川県平塚市を皮切りに、ベイルート、クウェート、スイス、オランダ、再び平塚市へと、世界中の子どもたちと共に遊び、子どもとともに歩んできたダー先生が、“汗と涙と感動”の熱血教師ぶりを綴る。
コテージ宿泊料金「読者割り引き」あります。
ご購入はこちらから

 
■BS TBS「未来へのおくりもの」で放映 -2012年2月11日放送
「未来へのおくりもの 65話」でビラマーマリンとオーナーの原田夫妻の島の子どもたちとの交流が紹介されました。
動画はこちらから。

■TBS「世界の果ての日本人」で放映 -2011年10月05日放送
TBS「世界の果ての日本人」でビラマーマリンとオーナーの原田夫妻が紹介されました。
動画はこちらから。

■TV朝日「ポカポカ地球家族」で放映 -2007年5月19日放送
TV朝日系列「ポカポカ地球家族」でヴィラマーマリンとオーナーの原田夫妻が紹介されました。
動画はこちらから。

■TV東京「おはメモリーズ」で放映 -2004年3月25日・26日放送
テレビ東京「おはスタ」でヴィラマーマリンオーナーの原田が紹介されました。
動画はこちらから。

■地球の歩き方「フィリピン2009年〜2010年版」-平成21年12月発行
ヴィラマーマリンが、ガイドブック「地球の歩き方フィリピン2009年〜2010年版」で紹介されました。
記事の抜粋はこちらから。

■朝日新聞「大分版31面」-平成20年11月16日(日)
ヴィラマーマリンの原田オーナーが、2008年11月15日に出身地の大分市で講演。
その様子が朝日新聞で紹介されました。記事の詳細はこちらから。

■ブログ「フィリピンの旅・写真館+フィリピンに行こう」
ヴィラマーマリンとオーナーの原田夫妻が紹介されました。
ブログはこちらからご覧いただけます。
ヴィラマーマリンに関する記事一覧はこちらから。


 
 
©2005 Toshito Harada
売上の10%はシキホール島の子ども達の教育のために使われます。